1.はじめに

本ツールは、リスティング広告のシミュレーションを実施するためのツールです。
僅かな項目の入力で、ある程度の精度をもったシミュレーションを作成することが出来ます。
※精度に関しては、独自の数式でCV数を算出するような仕組みとなっております。

2.ツールの基本構成

『キーワードシミュレーション』は、以下のような画面構成で成り立っております。

%e7%94%bb%e9%9d%a2%e6%a7%8b%e6%88%90%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6

・シミュレーション名…シミュレーションが自動で保存されますがその際の名称です。
・基準キーワード…ここに入力したキーワードを基準としてシミュレーションを作成します。
・除外キーワード…シミュレーションする際に含めたくない語句を入力します。
・最低検索ボリューム…ある程度のボリュームのある語句のみでシミュレーションしたい場合は数値を入力します。※キーワードによって検索ボリュームは様々ですので、まずは何も入力せずに使用し、その後、結果を微調整する際に使用することをおすすめします。

また、ここから下は 『基準キーワード』を入力し、データ取得後に入力が可能になります。
・月間予算…シミュレーションに用いる予算を入力します。
・予想CVR…シミュレーションに用いるCVRを入力します。※一般的に1~3%程度で試算を推奨します。

3.ツールの利用方法例

実際に数値を入力して稼働させた結果が以下の通りです。

%e5%ae%9f%e9%9a%9b%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31

 

シミュレーションの条件

・シミュレーション名…テスト
・基準キーワード…『不動産 名古屋』
・除外キーワード…『マンション』 ※『求人』などを除外するケースも多いかと思います。
・最低検索ボリューム…『10』
・月間予算…『1,000,000円』
・予想CVR…『2%』

4.その他の機能

印刷…結果を印刷することもできます。
並び替え…青文字で書かれている文字をクリックすると、項目の並び替えを実施することが出来ます。
再計算…以下の図では、先ほどのシミュレーションから『投資物件』を外しました。すると、他のキーワードを用いた計算が再度実施されます。

%e5%86%8d%e8%a8%88%e7%ae%97